ル・コルビジェ(Le Corbusier)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(ル・コルビジェ[Le Corbusier])
ル・コルビジェ

ル・コルビジェ
[Le Corbusier]

説明
スイスの時計文字盤職人の父とピアノ教師の母の次男として生まれる。
画家から出発し、建築家として活動をはじめた後も画家としての制作活動を続けていた。

美術学校在学中の1907年に才能を見いだした校長のシャルル・レプラトゥニエの推薦で、建築家のルネ・シャパラと共に最初の住宅『ファレ邸』の設計を手掛ける。
1908年よりパリへ行き、鉄筋コンクリート建築の先駆者であるオーギュスト・ペレ、ドイツ工作連盟の中心人物であったペーター・ベーレンスに師事し建築を学ぶ。

1914年、鉄筋コンクリートによる住宅建設方法である「ドミノシステム」を世に発表し、1917年から2年ほど鉄筋コンクリート会社に勤めた。
1920年にダダの詩人のポール・デルメ、ピュリスムの画家のアメデ・オザンファンと共に雑誌『レスプリ・ヌーヴォー』(L'esprit Nouveau)を創刊。この頃からル・コルビュジエというペンネームを使うようになった。

その後、従兄弟のピエール・ジャンヌレと共に事務所を設立し、1923年に『レスプリ・ヌーヴォー』に掲載された自らの記事をまとめた著作『建築をめざして』を発表。世界中の建築家から一目置かれるようになる。この著作の中の「住宅は住むための機械である(machines à habiter)」という言葉は、彼の建築思想の代表的なものとしてよく使われる。

ヴァイセンホーフ・ジードルンクの住宅
1925年のパリ万国博覧会では装飾のない『レスプリ・ヌーヴォー館』を設計し、アール・デコ装飾の展示館が並ぶ中、異彩を放った。
またサロンドートンヌにて『300万人の現代都市』、パリ都市改造案『ヴォアザン計画』、『輝く都市』を発表。
1927年、ミース・ファン・デル・ローエが中心となり、ヴァイセンホーフでのドイツ工作連盟主催の住宅展(ヴァイセンホーフ・ジードルンク)に参加。
翌年に開催されたCIAM(Congrès International d'Architecture Moderne、シアム、近代建築国際会議)にて、ヴァルター・グロピウス、ミース・ファン・デル・ローエ、ジークフリート・ギーディオン、ガブリエル・ゲヴレキアンらとともに中心メンバーとして参加し活躍する。
1931年竣工の『サヴォア邸』は彼が主張する「近代建築の五原則」を典型的に示し、代表作となっている。ソビエト宮殿のコンペの作品の斬新さは注目され、丹下健三が建築家を志すきっかけにもなってる。
1936年にはルシオ・コスタの招聘を受け、ブラジルに滞在し、オスカー・ニーマイヤーと共に旧教育保健省庁舎の設計、チャンディーガルのプロジェクトを協働する。

第二次世界大戦後、「ドミノシステム」に基づく集合住宅『マルセイユのユニテ・ダビタシオン』(L'unité d'habitation de Marseille)を建設。

後期の代表作『ロンシャンの礼拝堂』はカニの甲羅を形どったとされる独特な形態で、シェル構造の採用など鉄筋コンクリートで可能になった自由な造形を出してきている。 ドミニコ会派のカトリック信者であるル・コルビュジエは、引き続き『ラ・トゥーレット修道院』の設計についても依頼を受けた(1960年竣工)。
この間に『国立西洋美術館』の基本設計のために一度来日している。日本にある作品では、上野にあるそれが彼の唯一の建築物です。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり