ミッシェル・デュカロワ(Michel Ducaroy)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(ミッシェル・デュカロワ[Michel Ducaroy])
ミッシェル・デュカロワ

ミッシェル・デュカロワ
[Michel Ducaroy]

説明
フランスはリヨンの名高い装飾家の家族
Cheley ssin家の子孫として生まれ、
ミッシェル・デュカロワは親族の経営する会社と
リヨン国立美術学校で技術を習得しました。
1954年以来, リーンロゼ社に協力し, ウレタンフォーム構造のソファの開発は彼による 影響が非常に大きく『トーゴ』はそのシンボルとなりました。
これにより1972年Rene Gabriel賞を受賞し、
フランスにおけるコンテンポラリースタイルに対する彼の貢献は
リーンロゼ社のコレクション創作によって実行され続けています。
フランスのリヨンで名高い装飾家、Cheley ssin家の子孫で、
家族の会社とリヨン国立美術学校でデザインや制作の技術を学んだ。
1945年から、ロゼ社へ協力をする。後の「ligne roset」ブランドを確立する上で、彼とロゼ社の出会いというものは運命的なものであった。
ウレタンフォーム構造のソファの開発をし、モデルロゼ・トーゴはそのシンボルとなっている。
生命力に溢れる蜂の腹部をモチーフにした画期的なデザインの「TOGO」。
1973年に高密度ウレタンフォームを組み合わせたベストセラーのソファー。
キルト仕立てが波打ち印象的で個性あふれるフォルムが見て取られる。
布地、合成皮、革などどんなものでも合わせることができる。
1950年代ではまだウレタンフォームがなじみなかったが、60年代に入りこの素材が注目を浴び始め、ミッシェル・デュカロワによりキルト式のカバーで打つむという斬新なデザインが生まれた。
これが評価され1972年に ReneGabriel 賞を受賞。
活動は連続性を表しており、彼曰く、「美と機能の調和の探求が生涯の課題」と語っている。それは現在、リーンロゼコレクションの創作によって実現されている。
リーン・ロゼほど幅広い商品コレクションを提供しているインテリアメーカーは世界でも稀です。ロゼ社の代表的な商品はソファ。40年以上前に発表されたミッシェル・デュカロワによる「TOGO(トーゴ)」ソファは、デザイン史上でも伝説的な存在になっています。
その他にも、チェア、テーブル、ボード、ミラー、ラグ、ランプなど、コンテンポラリーなライフスタイルを創造するための優れた商品を世界へ発信しています。ロゼ社はその150年以上の歴史の中で、常に創造力と品質の高さにこだわり、「ものづくり」のポリシーは現在も確実に受け継がれています。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり