ガエ・オウレンティ(Gae Aulenti)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(ガエ・オウレンティ[Gae Aulenti])
ガエ・オウレンティ

ガエ・オウレンティ
[Gae Aulenti]

説明
戦後のイタリアの女性デザイナーの一人だ。

ガエ・オウレンティは ミラノ工科大学で建築を学んだ後に、工業デザイナーとして活躍する。イタリアのデパートのための家具設計などを行っている。

1968年にはボストンに、1970年にはニューヨークの745フィフスアベニューにてショールームの設計を行いこの時にノール社とのコラボレーションし、様々な名作を設計しました。
ガエ・オウレンティの代表作のオウレンティ セッティがなど 、様々な造形美術に関心を持ち、最近では、オルセー美術館、バルセルナのモンジュイック国立宮殿、パリのポンピドー・センターなどの改修を手掛け、世界中から注目を集めています。 人間とデザインの調和を常に考え、研究し、示唆しようとする姿勢は貴重なもので、その作品は、明晰な合理性とクールなダイナミズムに支えられて、シンプルでありながら折り目正しい格調高さをもっています。

1927年イタリアで生まれたガエ・オウレンティは、1954年、ミラノ工科大学建築学科を抜群の成績で卒業。彼女は建築構造の研究を基礎に、世界各国で別荘、舞台装置、学校、ビジネス・センター、城の修復など、幅広いプロジェクトを手掛け、その成果はイタリア工業デザイン界に広く認められている。彼女の初期の作品には、パリ、ブエノスアイリスのオリベッティ社ショールーム、ミラノ、ローマ、トリノのフィアット社ショールーム、イタリア商業銀行ニューヨーク支店などが上げられる。又、オウレンティは様々な造形美術に関心を持っている。彼女は芸術と機能を結びつけ、フォルムと空間の簡潔さを全面に打ち出している。1968年ノール社のボストン・ショールームをデザインしたのをきっかけに、1977年にアルミ・フレームのアウレンティ・コレクションを発表した。人間とデザインの調和を常に考え研究し、示唆しようとする姿勢は貴重なものでその作品は、明晰な合理性とクールなダイナミズムに支えられて、シンプルでありながら折り目正しい格調高さをもっている。彼女の作品は、現代芸術とデザインの歴史の変化の節目となる作品の中に位置付けられる。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり