ボーエ・モーエンセン(BorgeMogensen)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(ボーエ・モーエンセン[BorgeMogensen])
ボーエ・モーエンセン

ボーエ・モーエンセン
[BorgeMogensen]

説明
ボーエ・モーエンセンはデンマークの家具デザイナーである。アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物である。 1914年デンマークのオールボーに生まれる。 1934年に20歳で家具マイスターの資格を得て、家具職人としてのキャリアをスタート。 ボーエ・モーエンセンはデンマークの家具デザイナーである。アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物である。 1914年デンマークのオールボーに生まれる。 1934年に20歳で家具マイスターの資格を得て、家具職人としてのキャリアをスタート。
コーレ・クリントを師事し彼の元で働いた後、FDB(協同組合)の家具開発担当者になり、早くから活躍。 それと並行して1936年から1938年にかけて、コペンハーゲン芸術工芸学校家具科、1938年から1941年かけて、王立芸術アカデミー家具科に在籍し家具デザインを学びその後教鞭を執る。 1942年からはデンマーク協同連合連合会家具部門に主任として勤務。 シェーカー様式の椅子をアレンジした「J-39」を発表する。 1944年、友人のハンス・J・ウェグナーと共作で「スポーツバックソファ」を発表。1950年に独立、設計事務所を開設する。 彼の作品は、素材を生かしたデザインで、真面目でしっかりとした印象を受ける。 モーエンセンの信念は、「シンプルかつ生活空間の中で使用できる機能的で実用的な家具を、リーズナブルな価格で提供すること」。 そのことからも、大衆視点のデザイン、不必要な部分には高級材を使わず機能美を追求した作品を数多く残している。 日本ではウェグナーほどの知名度はありませんが、実際には製品自体はたくさん見かけることができる。 自らが職人であるということもウェグナーと良く似ているが、実際にハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物である。 Fredericia Furnitureとは創設時から、丈夫で長持ちすることで定評なチェアを中心に制作している。 彼の製作した家具は軽量なスカンジナビア産木材への愛着が浸透している。 「やはり私はデンマークの人なのです。」という彼の言葉は、作品にスチール素材を決して使用しなかった彼の忠実さを物語っているようだ。ボーエ・モーエンセンはデンマークの家具デザイナーである。アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物である。 1914年デンマークのオールボーに生まれる。 1934年に20歳で家具マイスターの資格を得て、家具職人としてのキャリアをスタート。 コーレ・クリントを師事し彼の元で働いた後、FDB(協同組合)の家具開発担当者になり、早くから活躍。 それと並行して1936年から1938年にかけて、コペンハーゲン芸術工芸学校家具科、1938年から1941年かけて、王立芸術アカデミー家具科に在籍し家具デザインを学びその後教鞭を執る。 1942年からはデンマーク協同連合連合会家具部門に主任として勤務。 シェーカー様式の椅子をアレンジした「J-39」を発表する。 1944年、友人のハンス・J・ウェグナーと共作で「スポーツバックソファ」を発表。1950年に独立、設計事務所を開設する。 彼の作品は、素材を生かしたデザインで、真面目でしっかりとした印象を受ける。 モーエンセンの信念は、「シンプルかつ生活空間の中で使用できる機能的で実用的な家具を、リーズナブルな価格で提供すること」。 そのことからも、大衆視点のデザイン、不必要な部分には高級材を使わず機能美を追求した作品を数多く残している。 日本ではウェグナーほどの知名度はありませんが、実際には製品自体はたくさん見かけることができる。 自らが職人であるということもウェグナーと良く似ているが、実際にハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物である。 Fredericia Furnitureとは創設時から、丈夫で長持ちすることで定評なチェアを中心に制作している。 彼の製作した家具は軽量なスカンジナビア産木材への愛着が浸透している。 「やはり私はデンマークの人なのです。」という彼の言葉は、作品にスチール素材を決して使用しなかった彼の忠実さを物語っているようだ。 コーレ・クリントを師事し彼の元で働いた後、FDB(協同組合)の家具開発担当者になり、早くから活躍。 それと並行して1936年から1938年にかけて、コペンハーゲン芸術工芸学校家具科、1938年から1941年かけて、王立芸術アカデミー家具科に在籍し家具デザインを学びその後教鞭を執る。 1942年からはデンマーク協同連合連合会家具部門に主任として勤務。 シェーカー様式の椅子をアレンジした「J-39」を発表する。 1944年、友人のハンス・J・ウェグナーと共作で「スポーツバックソファ」を発表。1950年に独立、設計事務所を開設する。 彼の作品は、素材を生かしたデザインで、真面目でしっかりとした印象を受ける。 モーエンセンの信念は、「シンプルかつ生活空間の中で使用できる機能的で実用的な家具を、リーズナブルな価格で提供すること」。 そのことからも、大衆視点のデザイン、不必要な部分には高級材を使わず機能美を追求した作品を数多く残している。 日本ではウェグナーほどの知名度はありませんが、実際には製品自体はたくさん見かけることができる。 自らが職人であるということもウェグナーと良く似ているが、実際にハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物である。 Fredericia Furnitureとは創設時から、丈夫で長持ちすることで定評なチェアを中心に制作している。 彼の製作した家具は軽量なスカンジナビア産木材への愛着が浸透している。 「やはり私はデンマークの人なのです。」という彼の言葉は、作品にスチール素材を決して使用しなかった彼の忠実さを物語っているようだ。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり