ロナン & エルワン・ブルレック(Ronan & Erwan Bouroullec)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(ロナン & エルワン・ブルレック[Ronan & Erwan Bouroullec])
ロナン & エルワン・ブルレック

ロナン & エルワン・ブルレック
[Ronan & Erwan Bouroullec]

説明
ロナン&エルワン・ブルレック兄弟はフランスの地方で育ち、学校卒業後パリに移り住む。
1990年代からデザインのパートナーを組み、作品に兄弟ならではの持ち味を盛り込むことを重視している。

「お互いが何でもオープンかつ率直に話し合えることが、重要なのです。創造力というのは、理屈ではなく感情で考えてこそ生まれますから」とエルワンは言います。「創造力とは、解決が困難な問題に迫られたとき、一定の調和や特色を見いだすことです」

兄弟の考えでは、デザインのプロセス自体は、才能を駆使して人に喜ばれ評価される作品を作るという点で、どの分野の芸術とも違いはない。
「(デザインのプロセスは)たった6本の弦ですばらしい音楽を演奏するギタリストや、施されただけでクッションをおどろくほど美しく見せる刺繍と似ています」

Magis のために Steelwood ファニチャーグループをデザインした際の目標の1つは、その当時ヨーロッパのシーティングでは主流だったプラスチックに代わる、廉価な素材を見つけること。
「木材組み立ての複雑さを減らす必要があったため、デザインをシンプルに保ちました」とロナンは語る。
「その上で、誰にでもアピールするデザインにしたかったのです。男性にも女性にも、お金持ちにもそうでない人にも、『私はとても良くできた、美しいオブジェですよ、長持ちする上、あなたと一緒に上手に年を重ねていきますよ』と呼びかけるようなものを作りたかったのです。ただ使うだけのものでなく、その側にいるだけでハッピーになれるような椅子です」

マティアッツィの仕事でオッソチェアをデザインした意図は「木の持つ官能性を表現したかったのです。極限まで形を整え、つや出ししたこの椅子は、見る人に触れてみたい、なでてみたいと誘いかけます」

過去のデザイナーたちが彼らの作品を支えている強固な基盤を与えてくれたと、2人は語る。
「私にとっては、コンテンポラリーなデザインは2つの大きな柱に支えられています。1つは、1940年代から50年代にかけて非常に画期的な仕事をし、そのテクノロジーの使い方により衝撃をもたらした、イームズに代表されるアメリカのデザイナーたちです。
もう一つの柱はイタリアで70年代から80年代にかけて、現代の生活全体に斬新な類型を作りだしたデザイナーたちです」
ブルレック兄弟がコラボレーションを行った相手は Vitra、Kvadrat、Kartell、Alessi、Cappellini をはじめ、世界中の家具や消費財のメーカー多数にのぼる。
作品は国の枠を超え、パリの国立近代美術館(ポンピドゥー・センター)と装飾芸術美術館、ニューヨーク近代美術館、シカゴ美術館、ロンドンのデザインミュージアムなど多くの美術館に収蔵されている。

オフィス/スタジオ
Ronan & Erwan Bouroullec Design
フランス、パリ

受賞歴
2011年 Steelwood チェアで Premio Compasso d'Oro ADI Award(ADI金のコンパス賞)
2011年 パリのMaison & Objet展デザイナー・オブ・ザ・イヤー・フォー・ナウ!
2010年 オランダ・デザイン賞、コペンハーゲン
2009年 Vegetal チェアでインターナショナル・コンテンポラリー・ファニチャー・フェア(ICFF) アウトドアファニチャー賞
2008年 Finn-Juhl Prize、コペンハーゲン
2005年/2008年 Worknest オフィス、Facett コレクションで「ベスト・オブ・ザ・ベスト」レッド・ドット・デザイン賞
2002年 Salon du Meuble デザイナー・オブ・ザ・イヤー
1999年 ニューヨークICFF ニュー・デザイナー・アワード
1998年 パリ Grand Prix du Design
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり