パオロ・ピヴァ(Paolo Piva)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(パオロ・ピヴァ[Paolo Piva])
パオロ・ピヴァ

パオロ・ピヴァ
[Paolo Piva]

説明
建築家、家具デザイナーとしてはもちろん、プロジェクト・コーディネーターとしても世界的にあまりにも著名なデザイナー。
上品で洗練されたデザインは、世界のトップブランドに数多く採用されている。
現在は、ウィーンとベニスにスタジオを設置し、2つのスタジオを拠点に活躍している。

1950年にアドリアで生まれる。1968年に視覚分野の研究を専門としてヴェネチア建築大学で学び始める。
1970年、ウィーン市で開催されたコンペティション、「ウィグ74」に向けたプロジェクトに関わり、またモデナ市のレジスタンス記念碑に関する別のコンペティションにも参加。ヴェネチアの国際芸術大学に通い、1970年以降、主に工業デザインに関心を寄せるようになる。

1973年、ヴェネチア建築大学でカルロ・スカルパ教授に師事し、マンフレッド・タフーリ教授の指導を受けた「ウィーン、1918年から1934年(vienna from 1918 to 1934)」という論文で学位を取得。

1975年にはヴェネチアの歴史建築研究所で働き、ウィーンの応用芸術アカデミーと共同で、社会主義の時代のウィーンを題材にした大規模な展覧会を組織。これが1980年にローマで開催された「赤いウィーン(red vienna)」という名の同様の展覧会にも繋がった。
マンフレッド・タフーリと協働して彼は、この展覧会のカタログも作成し発表。

1980年には、カタールのクウェート大使館のデザインを依頼され、1981年には複数のアパレルチェーンのインテリア・ディスプレイを手掛けてる。
1983年には、ロスアンジェルスのパシフィック・デザイン・センターで客演講師を務め、1985年にはパリのシャルル・ジョルダンの本社、1986年にヴェネチアのパレス・レーメの改修に携わっている。
1988年からは、ウィーンの応用芸術アカデミーの准教授、1991年からは教授を務める。
工業デザイン分野では、ヨーロッパおよび米国のさまざまな企業と協働している。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり