スタジオ7.5(STUDIO 7.5)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(スタジオ7.5[STUDIO 7.5])
スタジオ7.5

スタジオ7.5
[STUDIO 7.5]

説明
スタジオ7.5 はドイツのベルリンで設立。
バークハード・シュミッツ、クラウディア・プリカット、カローラ・ツヴィックは、自分たちが興味を持てるプロジェクトを手がける自由、上司や肩書を持たない自由を求め、1992年にパートナーシップ・・・いわゆる金銭,労務,技術などを出資してなされる共同経営を始める。

その後、彼らの運営方針となっている、「全員が何でもこなすのです」という言葉をバークハードがグループを代表して語っている。
現在はグループにカローラ・ツヴィックの兄弟ローランド・ツヴィックがメンバーに加わり。「それが、アイデアを育み、オープンでいることと好奇心を持ち続けるための方法なのです」と語っている。

グループ名「スタジオ7.5」とは、7.5トンのトラックを使用して、そのトラック自体にモデルショップを乗せ、1つのプロジェクトの現場から次の現場へ移動して行こうというアイデアから生まれた。
グループにとって自由に動ける、柔軟に対応ができる、クライアントのために製品をデザイン、制作する時も、彼らは自由に、そしてスマートに、スタイリッシュに行うというのがいかにコンセプトとしても大切かが、トラック移動のアイデアにもよく表れている。

デザイン上の複雑な問題を解決するには、協力体制と、最もエレガントな解決方法が出てくるまで、アイデアを実物大のモデルで何度もテストすることが必要だと、スタジオ7.5のメンバーは心から信じ、「製品をデザインする時には、どうしても3次元モデルを作ってみる必要があります」「コンピュータでのドローイングでは、触った感じや匂いまでは分かりません」とクラウディアは語る。

スタジオの4人は、家具インテリア、または「イクイップメント(機器)」、つまり現代の人びとが仕事をするのに必要なツールという意味でのデザインを心掛け、それを実践し続けている。
中でもオフィスチェアのデザインは特に制作意欲が沸いてくるとうことで、これまでにハーマンミラーのために作られたセトゥーチェア、表彰された作品ミラチェア、そしてその後継製品であるミラ2チェアを世に送り出している。

ごくごくありふれた普通の素材を、画期的な新しい革新的な方法で使う事もコンセプトにしているスタジオ7.5の傾向は、これらのチェアにも、新しいデザインである メタフォームポートフォリオにも明らかに表れている。

メタフォームはコンパクトな基盤ブロックのセットと、個人やワークチームが変化する度に追加やアレンジが可能な機能を有し、どの製品にもポリプロピレンが使われているが、スタジオ7.5のユニークな点は、この素材をデザインによって素晴らしいことができるものに変えてしまう、その自由奔放な発想力にあるち思われる。

スタジオ7.5は自らのデザインについて、「メタフォームポートフォリオと ミラ2チェア は、どちらも、使う人が、環境とツール面で大きくコントロールできます。私たちの目標は、ちょうど職人が最も生産性の高い仕事をするために必要な環境を仕事場に作るように、使う人が自分で最適な環境を作れるようお手伝いをすることです」と語っている。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり