ビル・スタンフ、ドン・チャドウィック(Bill Stumpf&Don Chadwick)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(ビル・スタンフ、ドン・チャドウィック[Bill Stumpf&Don Chadwick])
ビル・スタンフ、ドン・チャドウィック

ビル・スタンフ、ドン・チャドウィック
[Bill Stumpf&Don Chadwick]

説明
ビル・スタンフは、「わたしは崖っぷちに立った時、プライドを傷つけられそうになった時、子供のように純粋になれた時に、もっとも充実した仕事ができます。ハーマンミラー社は、わたしにそうしたプレッシャーをかけたらよいことを知っています。その理由は、ハーマンミラーがD.J. デプリーが最初にそう私に言ってから何年が経過しても、同じことを信奉しているからです。つまり、良いデザインとは単に良い仕事というだけではなく、倫理上の義務である、という信念です。それが、私にとってのプレッシャーです」と語る。

スタンフがハーマンミラーの仕事を請け負い始めたのは、ハーマンミラー・リサーチ・コーポレーションに加わった1970年からになる。
1972年に自社を設立した後、エルゴノミクス(人間工学)の先駆けとなるアーゴンチェアを制作。
そののちドン・チャドウィックとのコラボレーションで革新的なエクアチェアと、象徴的なアーロンチェアをプロデュース。スタンフはイソスペースの主任デザイナーでもある。

「わたしはデザインを通じて楽しんでいます」。スタンフは数年前、インタビューにて「わたしは美しいものが好きです。周囲のすぐ手に届くところに、美しいもの、役に立つものがあると嬉しいのです」と話している。

しかし、周囲では「人間性を否定する」デザインや、人ではなくお金をいかにかけたかを見せびらかすような建築、「人工的に密閉された空間」にあるオフィスを目にすることがあまりに多い。こうしたものに対しては常に闘いを挑み、1960年代のウィスコンシン大学で始まった。

「すべては、ウィスコンシン大学時代にさかのぼります」とスタンフは最近、同大学の環境デザインセンターの大学院で助手として研究し、教鞭をとっていた時代について語り「体を開放し、束縛を解き放つこと、それだけを研究しました」と話している。

スタンフは整形外科および血管系の専門家と共同で、理想的な椅子の座り方について研究を進め、1974年、ハーマンミラーは、彼にその研究を適用したオフィス用シーティングの製品開発を依頼。そして2年後、アーゴンチェアが完成し世に発表された。

スタンフは生涯を通じ、ハーマンミラー社を研究に基づいて問題解決を図る企業に変貌させた立役者で、1その業績により数々の賞を獲得。
2006年に、スミソニアン博物館に所属するクーパー・ヒューイット国立デザイン博物館から、ナショナル・デザイン・アワード、プロダクトデザイン部門賞を授与される。


ドン・チャドウィックは、「真のスタジオは心の中にある」というタイプのデザイナーではなく、チャドウィックの実際のスタジオはサンタモニカにあり、むしろ自分では「実験室」と呼ぶのを好んでいた。

「汗をかいて、いろいろ試してみるようにしています」

彼の「実験器具」は、のこぎり、やすり、旋盤、ドリルプレス、万力などであって、コンピュータで制御されたものは何一つない。
「コンピュータ技術は、ある種のものにとっては素晴らしい働きをするかもしれません」、とチャドウィックは認めているが、しかし、人間と同じように効率的に、コンピュータが椅子をデザインできると、誰かが言えば、彼はこう語るだろう。「ご冗談でしょう!」と。

「椅子の座り心地が良いことを確かめるには、実際に座ってみて調節をする以外に方法はありません」とチャドウィックは語る。「コンピュータでは椅子のデザインのデリケートな部分を処理することはできません。良い椅子は、複雑すぎるものなのです」

「インダストリアルデザイナーの多くは、家具のデザインを真面目に考えようとしません。その種のディテールにこだわるような訓練を受けていないのです。家具のデザインとは非常に個人的な、外科手術のようなものです。そして、この仕事を心から好きでなければなりません」

チャドウィックの家具デザインに対するこだわりは、幼少期から始まっていた。
家具職人であった祖父が、自分の道具の使い方を教え、技術、正確さ、忍耐を要することも学ばせた。
その後、1950年代なかば、UCLA のインダストリアルデザイン学科に在籍していた他の学生たちとは異なり、チャドウィックは家具に心を惹かれた。
UCLA でチャールズ&レイ・イームズの講義を聴いた後、家具は、デザイナーに、たとえインダストリアルデザイナーであっても、素材を新しい革新的な方法で使うことによって、人びとの暮らしに「真の違い」を作り出すチャンスを与えてくれると確信する。

チャドウィックはこの楽観主義のうち少なくともいくらかは、南カリフォルニアに生まれ育った彼の「ロサンゼルスらしい向こう見ず」の影響だと考えている。「南カリフォルニアでは、人びとは失敗を恐れず、リスクを負う傾向が強いのです。発明のためには豊かな土壌です」

チャドウィックはこれまで20年以上にわたって、この向こう見ずな考え方と手を取り合ってきた。
「ハーマンミラーは、新しいアイデアを試してみることを恐れません。それが、この会社が長年にわたって成功し続けている理由であり、この会社のために働くことの難しさの1つでもあります」

サンタモニカとジーランドの関係は続き、チャドウィックの「実験室」では今もベルトサンダーや電気のこぎりの音が響いている。

受賞歴
1990年 エクアチェアが『Time』誌 ベスト・オブ・ザ・ディケイドに選定
1984年 エクアチェアで IBD 金賞受賞
1980年 IBD および IDSA アワード ケースグッズ部門受賞
1977年 デザイン・ミシガン展知事賞受賞
1970、71、73、74年『ID』誌デザイン優秀賞受賞
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり