ロン・アラッド(Ron Arad)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(ロン・アラッド[Ron Arad])
ロン・アラッド

ロン・アラッド
[Ron Arad]

説明
1951年イスラエル、テルアビブに生まれ。
エルサレム美術学校で学び、ロンドンのAAスクールを卒業後、ロンドンに移住し。
建築学校でピーター・クック、バーナード・チュミに師事し、1981年キャロリン・トールマンと共にスタジオ・ワークショップなどの機能を持つ自身のデザインスタジオ「OneOff(ワン・オフ)」を設立。
1983年にコヴェント・ガーデンのショールームで発表されたローバー社の廃車シートと鉄パイプで作られた椅子「ローバーチェア」によって華々しいデビューを飾る。

1989年には建築やデザインを行うRon Arad Associates(ロン・アラッドアソシエイツ)を設立し、OneOffはその後、Ron Arad Associatesに統合された。
1994年にはイタリアのスイス国境に近い繊維産業の盛んな街として知られるコモ市に「Ron Arad Studio(ロン・アラッド・スタジオ)」を開設。

1997年より世界中から優秀な学生が集まるイギリスの名門アカデミー「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)」の教授を務める。
インダストリアル・デザインと家具デザインを統合した新しい学部を設立し、デザイン・プロダクトの教授となる。

ロン・アラッドは現在まで数々の受賞歴を誇り、またオリジナル作品を非常に限られた数で世界に発表するアーティストとして知られる。

そしてVitra(ヴィトラ)、Poltronova(ポルトロノバ)、Moroso(モローゾ)、Kartell(カルテル)、Driade(ドリアデ)といった世界の一流インテリアメーカーにデザインを提供。

アラッドは常にプロダクト・デザイナーの枠に収まることのないアートとデザインの境界を超える活動を展開しており、その創作意欲は尽きることはない。
鉄板を切り、木製の脚を曲げ、曲げ合板に接合するといった、新しい彫刻的仕様を試みながら、彫刻家、職人として、情感に満ちた美しさと同時に、軽く実用性に富んだ家具を発表。


Well Tempered Chair(ウェル・テンパードチェア) 1986年に発表されたロン・アラッドの代表作で4 枚のスチールをたくみに織りナットで留めただけ構築的な椅子。
現在では1/6ミニチュアの販売になっていますが、職人の手によって創られているため年間に500脚以下の生産。


Tom Vac(トムバック・チェア) 1997年 【Vitra】
ロン・アラッドの大ヒット作品。 イタリアの雑誌「ドムス」の依頼を受けて制作した、座面と背もたれが一体型の椅子。
単純でユニークな美しさを持つシェルは発表された当初はアルミ製でバキューム製法による一体成形。芸術作品的なたたずまいで、量産化が難しくわずか500個しか作れず現在ではVitra社で生産されている。


Little Albert(リトル・アルバート) 2000年 【Moroso】
イタリアのモローゾからポリプロピレンの一体成型の椅子として発表。
継ぎ目の無い美しいフォルムはポリエチレン樹脂の回転成型によって実現。また耐水性、対光性処理が施されていますので屋外でも使用可能。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり