マッシモ・ヴィネッリ(Massimo Vignelli)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(マッシモ・ヴィネッリ[Massimo Vignelli])
マッシモ・ヴィネッリ

マッシモ・ヴィネッリ
[Massimo Vignelli]

説明
1931年、ミラノ生まれ。幼い時よりデザインに強い興味を抱き、パッケージ・デザイン、家具、公共サインやショールームのインテリアデザインなどを幅広く活躍しているデザイナーである。
ヴィネッリのデザインはモダニストの伝統に忠実で、一貫して単純な幾何学形態によってシンプルさを表現している。

建築を学ぶためにミラノ工科大学に進み、その後ヴェネツィア建築大学に進学する。
1957年から1960年にかけて、ヴィネッリはフェローシップを得てアメリカに渡る。
1966年には新たに創設した会社であるユニマーク・インターナショナル(Unimark Inernational)の支店をニューヨークに事務所を開設。その後すぐに扱う案件や人員の数において世界で有数の規模を誇るデザイン事務所となる。
世界でよく知られるコーポレート・アイデンティティを数多く手がけ、この中にはアメリカン航空、ニューヨークの地下鉄のサインなどがあげられる。
1971年、妻レッラとともにヴィネッリ・アソシエイツを創設。
現在、ニューヨークのヴィネッリ・アソシエイツでデザイナーとして仕事を続け、最近の話題としては、ヴィネッリはゲーリー・ハストウィット(Gary Hustwit)による同名のタイプフェイスを扱ったドキュメンタリー映画『ヘルヴェチカ』(Helvetica)の制作に参加した。

タイポグラフィについては人並みならぬ才能を発揮し、1966年のステンディグ社のカレンダー(Stendig Calendar)はその形態と機能の完璧な融合によってデザイン界の至宝と謳われた。
近年になって作品の大部分をロチェスター工科大学に寄贈した。
2007年の
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり