アイリーン・グレイ(Eileen Gray)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(アイリーン・グレイ[Eileen Gray])
アイリーン・グレイ

アイリーン・グレイ
[Eileen Gray]

説明
1878年、アイルランドのブラウンズ・ウッドに生まれる。1898年から、ロンドンのスレード美術学院で4年間デザインを学ぶ。 1902年、フランス・パリのアカデミー・コラロッシとアカデミー・ジュリアンで芸術を学ぶ。その後、日本人工芸家・菅原精造に出会い、漆工芸を学び作品を生み出す。

デザイン事務所開設
1920年にはショールーム・ギャラリーを開設、1922年にインテリアデザイン事務所開設する。1923年の第14回装飾芸術家サロン展に、モンテカルロのブードゥーなるベッドルームを出展する。繊細な造形感覚や優雅な空間性は、オランダ・デ・スティルの建築家J.J.P.アウトに賞賛されて広く紹介される。これをきっかけに同時代を代表する近代主義の建築家たちと接点をもつようになっていった。
1925年、スチールパイプ製の家具製作を試みる。

別荘E1027の設計
建築家デビューすべく1927年から1929年にかけて、フランス・ロクブリュンに自身の別荘E1027を設計。内装と家具とともに代表作として知られる。
1926年に発表した自身の別荘で、別荘の所在地を示す「E-1027」と呼んでいるロクブリュンヌの家では、ル・コルビュジエもたびたび訪れて、壁画を残している。建築内部の装飾を廃し、モノクロームに仕上げた空間に操作しているが、完全にアール・デコのモチーフは影をひそめていて、近代建築の造形感でデザインが形成されているが、空間の連続性や機知に富むディテール性は注目を受け、この一軒の住宅によって、モダンデザインのインテリアを示して各方面に多大な影響を与えることとなった。またこの家の家具としてデザインされた家具群は、のちに代表作として、レプリカ製作され製品化された。これらの中には白い革張りアームチェア<ビベンタム>、楓材フレームとメタルジョイントの革クッション<トランザット>などがあるが、サイドテーブル<E-1027>にいたっては、ニューヨーク近代美術館の永久コレクションに収められていて人気を博している。ちなみに、ル・コルビュジエが事故死した海岸に、この別荘も建てられている。 1930年以降
1930年から1931年には、ジャン・パドヴィッチのために、パリノワンルーム・アパルトを設計している。メタリカルなカーテンやパンチングメタルの使用、ミラーやアルミコルクのキャビネットを導入した。 1932年から1934年にかけては、第二の別荘カステラーの家を設計した。海沿いの公道とほかの家の私道にはさまれた矮小な敷地に、荒い割り石積み擁壁から立ち上がる白壁とテラスや、テラスにエントランスブリッジをかけ、連双窓とスティール枠の木製ルーバー引き戸で構成する開口部と空間をリビングへ流れるように構成している。戦時中しばらく空き家にしていたが、戦後さらに改修し、1956年にパリに戻るまでここで暮らした。1923年に製作発表した、引き出しが回転するスモールチェアなども、この家でも使用され残されていた。 1937年パリ博覧会では、ル・コルビュジエらと仕事をする。

受賞歴
受賞歴は1972年、英国王立芸術家協会認定王立産業デザイナーおよびRDI称号授与。アイルランド王立建築協会賞など。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり