アントニオ・チッテリオ(Antonio Citterio)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(アントニオ・チッテリオ[Antonio Citterio])
アントニオ・チッテリオ

アントニオ・チッテリオ
[Antonio Citterio]

説明
家具職人の父親を持ち、物心がつく頃には、すでにデザイナーになることを決めていたというチッテリオは、13歳からデザインを学び始めます。1972年、ミラノ工科大学建築学部卒業。同年、スタジオを開設し、デザイナー兼コンサルタントとしてインダストリアルデザインに携わります。1981年から、建築、インテリアデザインの事業をスタートさせます。

 Ansorg、Arclinea、Axor-Hansgrohe、B&B Iralia、Flexform、Flos、Fusital、Guzzini、Iittala、Kartell、Maxalto、Vitraなど数多くのクライアントをもち、多くの優れたデザイン作品を発表し続けています。カルテルから発表された、「Mobil system」と「Battista」は、MOMAのパーマネントコレクションにもなっています。また、1987年と1995年の2度、コンパッソ・ドーロ賞受賞の栄誉に輝きます。

 1987年、Terry Dwanをパートナーに迎え、Studio Citterio Dwanを設立します。そして、1999年、Patricia Vielとともに、Antonio Citterio & Partnersを設立します。建築デザインから工業デザイン、グラフィックデザインを手掛け、集合住宅や貿易センター、工業用地、公共建築の再生、事務所やショールーム、ホテルなど大型施設の設計を行います。主なプロジェクトとして、ヴィトラのショールームとオフィス、ドイツの商業銀行支店、ミラノの地下鉄1ライン、ローマの地下鉄Aラインの再構築などがあります。

 チッテリオは建築の勉強をするために世界中を旅して回り、ル・コルビュジェや安藤忠雄などの作品を見てきたが、プロダクトのデザインをする際、重視するのは、空間との関係だと言います。空間に対して、全体的なビジョンを持ち、そのモノ自体が持つ「必要性」と、それを使う人間の「願望」を一致させ、人々の生活の質を向上させる役を担いたいのだと言います。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり