フィリップ・ユーレル(PHILIPPE HUREL)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(フィリップ・ユーレル[PHILIPPE HUREL])
フィリップ・ユーレル

フィリップ・ユーレル
[PHILIPPE HUREL]

説明
1942年にフランスに生まれ、ベルギーで正統的なグラフィックアートとインテリアを学んだ彼は、後のアメリカでの研修からクリエイティブな分野における自由な創造の大切さを認識し、これがフィリップ・ユーレルのデザインの礎となりました。

「美が存在すれば、様々な可能性を自由に試すことができる。シンプルであることは、複雑であること以上の存在感をもつ。」というコンセプトの元にパリへ戻った彼は、祖父が設立した家業の家具メーカーを受け継ぎ、友人の建築家の協力を得てまずオフィスファニチャーを発表し、即座に成功を収めます。

続いてヴィルモットや、グランジュなど現代作家のクリエイションを積極的に取り入れ、彼のアトリエでは新しい、オリジナリティのある家具が作られるようになりました。 そして彼は、自ら家具のコレクションを発表することを決めます。クラシックな家具のデッサンをベースに、一層磨きのかかったシンプルな線で、現代の生活空間にふさわしいフォルムの家具が数々描かれることになりました。

フィリップ・ユーレルのコレクションは、シンプルでオーセンティックな美しさが感じられ、木の質感がよく活かされています。木のことは全て知っていると言うほど何よりも木が好きな彼は、こだわって木を選び、それぞれのよさを引き出しています。 この木を活かしたシンプルかつスタイリッシュながらも機能性に優れている作品であるため、高級ホテルやレストランなどで使用されています。
世界中のVIPから愛されており、高級ブティックが立ち並ぶパリの一等地に店を構えています。

フィリップ・ユーレルは、「世界ウルルン滞在記」で三田村邦彦さんが修行に訪れた先の師匠として出演していましたのでご存知の方も多いかもしれません。 また、カッシーナとのコラボレーションで多くのデザインを発表しており、カッシーナの家具として見られる機会も非常に多いと思います。

フィリップ・ユーレルという名前の企業としても存在していますが、この会社は無形文化遺産継承企業として表彰されています。

MALAGA マラガ ダイニングテーブル
ディテール、フォルム、バランス、素材、仕上げなどすべてに深いこだわりをもって作られています。4本の脚が四隅に配されているのでテーブルの下が開放的で座りやすく、ナチュラルでニュートラルな表情は合わせる椅子を選びません。オーセンティックで落ち着いた食卓を演出できるテーブルです。

INWOOD インウッドソファ
自然の木の中に身を沈めるかのような心地よさを与えてくれます。また、その端正なフォルムからは日本的な美しさに通ずるエスプリが感じられます。こだわって木を選び、木の良さを知り尽くしたフィリップ・ユーレルならではのソファです。

CHAIRMAN チェアマンソファ
フィリップ・ユーレルのデザインによるソファで、クラシック家具の優美なフォルムを現代的にデザインしています。独特の優美なボディーラインが特徴のクラブチェアで、特にアームから背もたれにつながる部分の美しさは特筆ものです。
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり