ティム・ウォレス(Tim Wallace)について

FURNIXが手がけた家具たち

  1. デザイナーズ家具の買取TOP>
  2. FURNIXが手がけた家具たち>デザイナー詳細(ティム・ウォレス[Tim Wallace])
ティム・ウォレス

ティム・ウォレス
[Tim Wallace]

説明
ティム・ウォレスは11歳の時、彼のその後を決定づけるようなある体験をしました。家族と共にイギリス南東部からアメリカに転居したのです。「ペンシルバニアで過ごした3年間は、私に大きな影響を与えました」と彼は回想しています。「アメリカでの生活は、私の視野を大きく広げてくれました。イギリスにいた時、私は何も知らない小さな子供でした。しかしアメリカに来て、世界がどれほど大きくて多様かに目を見開かされました」

海外での暮らしをきっかけに開花した探求心は、家具デザイナーとしての仕事にも大きく役立っているとウォレスは言います。「新しいプロジェクトに携わる際には、可能な限り多くのところから情報を集め、あらゆる問題について研究したいと思っています。そして実際、デザインの作業に取りかかる前には、かなりの調査をしています」

事実ウォレスは、すぐにデザインに取りかかれないよう、自分のスケッチブックを隠してしまうほどです。「描き始めてしまったちょっとしたスケッチにそそのかされるのはいとも簡単なことです。しかしひとたびそのイメージが心に浮かんだら、それが持つべき特性や能力を無視してスタートしてしまうかもしれません。ですから私は、自分が達成したいものがなんであるかについての具体像が得られたと完全に確信できるまでは、鉛筆を持つことすらしません」と彼は説明しています。

国際的な市場に向けた製品を設計する場合、固有の課題が多数出てきます。ハーマンミラーの アバックエンバイロメンツは幾多の文化的境界線を超えて販売されていますが、「われわれは、それぞれに固有なニーズに応じて重要とされる点を変えられるよう、さまざまな組み合わせが可能な、核となる部品セットや製品群をつくることにしたのです」と彼は語っています。「アバックプロ ジェクトは魅力的かつやりがいのあるもので、その成果にも非常に満足しています」

ウォレスは、自分が業界全体に影響を与えるために一生懸命努力しているイギリスのある小さなデザイナーグループの一員であるといっています。「私が家具をデザインする時の目標は、それを私たちの生活に即したものにすることです。限定的なものでも排他的なものでもいけません。だれでも手に入れられるものである必要があるのです」。

中国、イタリア、アメリカなどなど、大きく異なる市場向けの家具デザインでの成功は、彼の取り組みの成果です。

ティム・ウォレスが、かつて考えていた別の道ではなくデザイナーになる決意をしてくれたおかげで、働く場はより良いものになりました。彼は笑いながら、次のように言います。「若い時にはバンドのギター奏者になりたかったのです。でも18才の時にバンドの機材運搬係として友人たちとツアーして回るうちに、アートカレッジの方が良いかもしれないと思うようになりました。そして工業デザインに出会った時、自分が正しい選択をしたことがわかったのです」


受賞歴
2004年 アバックでベスト・オブ・ネオコン金賞受賞
商品リストへ戻る

このページの先頭へ

主な買い取りデザイナー

[デザイナー一覧]

主な買い取りブランド

[ブランド一覧]
FURNIX
柏ネットセンター【オフィスバスターズ ERC内】〒277-0931千葉県柏市藤ヶ谷1926-29
TEL: 04-7199-7499 FAX : 04-7191-6511
営業時間 : AM10:00〜PM7:00(土曜・日曜定休)※駐車場あり